thank you for visiting!


by medichika

罪の在処

あの人が私の世界の中心であった時、
相手があの人だから私があれだけ乱されたのだと
思うときもあったけれど、何てことはない。

相手が誰でも私の問題は私の中にあった。
誰かのせいではない。私が悪いのだ。

思うことすら罪ならば、
私ごと消し去ってくれたらいいのに。

などと狂気めいたこと、考えても仕方ないとは
わかっているけれど。
[PR]
by medichika | 2005-03-17 14:25 | 自分