thank you for visiting!


by medichika

ライバルというものは存在しない

昨夜、ハムスターとご飯を食べました。
ハイ、思ったとおり、タイガー君が気になるということでした。
あーああ。もう。

一緒にいて楽しいし(人間として)好きだけど
認めたくない。のだそうで。うーん、それって好きってことだよねえ。

しかし、私の好きな人は今はイルカ君になっているので
タイガー君は私にとって癒し系という表現にとどめておきました。
冗談ぽく「私もタイガー君にいくかな」と言ってみたところ
かぶらないで、私が気にしてる間はやめて、とか言われました。アハ。

しかし、ハムスターには色々事情があって、
まだタイガー君一筋というわけではなく迷っているようです。

私の中でも、イルカ君とタイガー君の占める割合が逆転気味なので
ライバルになるといえばなるのかもしれませんが。

結局選ぶのはタイガー君であり、
ライバルだ何だといっても2人のうちどちらかが
必ず選ばれるというわけでもないのです。どちらもなし、もありです。

なので、ハムスターをライバルだなんて考えるつもりはないです。
あと、覚悟を決めてない人に譲るつもりはさらさらないので
こちらも別に諦めるということはしません。
というか、譲るという考え方もなかなか奢った考えですし。

加熱することだけ抑えて、あとは一緒にいることを楽しもうかと。
ハムスターに悪い、裏切る、出し抜く、ということは
考えないようにします。


強くなったな、何か。
どうした、自分(爆)。
[PR]
by medichika | 2005-11-01 12:57 | 日常