thank you for visiting!


by medichika

会うということ

チーターちゃんと話したことでとても納得したこと。
職場や集団など、公の場で会うことは会ったことに入らないってこと。

そういう場ではほとんど話せなかったり、
話せても場の雰囲気に沿ったことだけ。個人的感情など持ちこめません。
だから、結局同じ場所にいてもいないようなもので。
これはイルカ君とのことで散々感じたことです。
一緒にいるのに、少しも近づけないはがゆさがありました。

タイガー君とも同様で、社内ではあまり話す機会はありません。
最近は、皆でランチに行ったりする機会があったため
そこではちまっと話しましたが、ここ最近はほとんど話しません。
担当案件が一緒ではなくなったので。

なので、彼が事務所に戻ってきて、
11月から自分が客先勤務になるかもしれないということは
彼との時間が徹底的に減ることを意味しますが、
本質的なものは大して変わらないのだと気づきました。
会話するのは専ら帰宅後のメッセですしね。

火曜の夜も、若い衆(爆)の帰り際が重なって
客先勤務のハムスターも会社に寄っていたので
ご飯でも行こうかとなったのですがタイガー君はお金がないと退散。

今までの私なら、かなり残念がったと思いますが
「帰ってメッセすればいいや。むしろ、そっちがいい」
と気楽に見送れました。

どれだけ一緒にいるかが大事なのではなく、
どういう風に一緒に過ごすかが大事なのかもと思うようになりました。
しかし、実際離れてしまってから同じことを考えられるか
少々心配もありますが(爆)。

とりあえず週末はおでんパーティ。
まだ具体的な話を全くしていないのですが楽しみです。
次に会える機会に繋げられるよう、
楽しい時間にしたいです。
[PR]
by medichika | 2005-11-02 02:26 | 自分