thank you for visiting!


by medichika

君への初めての電話

そして。昨日のお話です。
チームのスタッフと私とで打ち合わせがあったので、
練習が終わった後、ご飯がてら話そうということで
スタッフと一緒におりましたら、
私の気になる人とお友達も別のスタッフに用事があったらしく
ご飯を一緒に食べようと誘ったみたいで
一緒にご飯することに。

最初は席はひとつ離れて座っていたのですが
煙草の煙が駄目な女性がいたので、煙草組は端っこへ。
煙草を吸わない彼は、私の隣へ。
これはすごく嬉しかったのですけれど。

ただ、彼は彼女と最近別れたらしく、
周囲が彼に彼女を作ろう作戦を目論んでいるようでして
紹介が予定されてたり、スタッフの一人の女の子と
付き合えばいいじゃんと周囲が悪ノリ。
そのためだけにバーベキューを皆でやろうと言い出す始末。

私の思いはまだ誰にも秘密なので
笑って過ごすしかなく。

当の本人達は否定も肯定もせずに
状況がよくわからない顔をしてたり、苦笑いしてたり。

そんなこんなで4時くらいまで話してまして。
いい加減、皆眠いです。私も金曜は仕事もあって
明日起きるのが相当きついと思われました。

彼が「明日起きれるか自信ない~!」と言っているので
たまたま起きる時間が同じくらいだったので
「私は目覚めがいいから起こそうか?」と
言ってみました。

すると「お願いしていい?」と言われ。
金曜の朝、モーニングコールすることに。

この時点ではホンキなのかいまいちわからなかったのですが
別れ際に「medichika、明日はお願いね」と言っていたので
ああこれは本当に電話していいんだと思って
ちょっと浮かれてしまいましたね。

複雑でしたが楽しくて長い夜でした。
[PR]
by medichika | 2006-08-11 18:28 | 日常