thank you for visiting!


by medichika

辛い時辛いと言えたらいいのにな・後編

前編でしばらく放っていたので後編です(汗)。
結局出したのです。あまりの踊れなさにヘコんだと。
他にもまだ覚えることいっぱいあるのに、
これじゃあって。

すぐ、というわけではありませんでしたが、
その日の夜の間に返事が来ました。

らしくないじゃん。
なんて、言われましたが。

月並みだけど、踊れない日もあるって思う。
3ヶ月もあるんだし、いつもいつも納得のいく踊りを
踊れるわけじゃないんじゃないかな。
だけど、それを乗り越えられたら
今回の踊りがもっと好きになるんだろうね。

こんな感じのことを言われました。
何て言うんでしょう、最後の件にぐわんときました。
大事にしたい響きだと思いました。

乗り越えたらもっと好きになる。

去年は、イルカ君(懐かしいですね)に愚痴るときは
「もーやめたい、やめたい。無理、踊れない」みたいなことを
言っていた気がします。

今回はやめたいわけじゃない。続けたい。
だけど、踊れない。それが辛い。

そういう心境だったので、
ヤシ君の言葉がすごく響いたのだと思います。
その言葉が答えのように思えました。

ああ、ヤバイ。
私、この人のこと、好きだわ。

そう思いました。
確かに見た目は可愛くって、踊りは格好よくって
チームの女子に圧倒的な人気を誇る彼なので
私も傍からみたら同じ理由で好きなように見えるのでしょうが。

自分も踊れなくてヘコんだときが最近あって、
それでも今は踊りこんで修正してやるって思ってるという彼が。
仕事が忙しく、少ない休みは練習に全部使って
それでもその時間を楽しみにしているという彼が。
自分も辛いことがあってもそれを乗り越えて
笑顔でいる彼が。

あーあ。もう。これを書いている今は、
私が今のところ最後に出したメールに返事がなくて
切ない日々が続いてる中なわけですけれども、
書いてたら泣きたいのにほんわかするではないですか。

今日の練習は、いつもより長くまである日なので
もしかしたらヤシ君も来るかもしれない。
もし来ていたら時は笑顔で向きあいたいです。

メールの返事来てないよ。
そんな憎まれ口のひとつでも言って。
[PR]
by medichika | 2006-09-07 15:25 | 日常