thank you for visiting!


by medichika

カテゴリ:書籍( 7 )

週末の数冊

先週末は、2日で6冊、つまり3冊/日という更にハイペース。
エート、もう、見事なヒッキーです。ハイ。げほー。

「ドリームバスター」(宮部みゆき・1、2巻)
発売当時から気になっていたのですが、ようやっと読めました(今頃)。
宮部さんがゲーム好きなのは存じておりましたが、
こういうファンタジーもお上手ですね。続きがとても気になります。
ぐお。

最近、乱読が身についてきているせいか
読み飛ばすことが多くなってきましたね。文字から映像に変換する能力が
衰えてきているのでしょうか。臨場感だけで読んでいる感じです。
最低限の描写さえあれば事足ります。エエ。

なので、今回は島田荘司さんの作品(御手洗シリーズ)にも挑戦したのですが
描写が緻密で読み飛ばし率が異様に高かった気がします。げほ。

友人に、映像を見ているかのように読書ができるコがいるのですが
真似できませんよ。ホント。映像が見えるらしいんです。どうなってるんだ、脳みそ。
私は字面を追いつつ、雰囲気だけ感じているだけです。

想像力(創造力?)が貧困なのでしょうか、ワタクシ。
[PR]
by medichika | 2005-05-09 09:54 | 書籍

私的書籍事情

最近の私は乱読三昧です。

近くに図書館がありますので、興味のあった本ですとか
目に付いたものから借りるような感じです。

最近は、宮部みゆきさんとか森博嗣さんとか借りていますね。
森さんの本はごく最近借り出したのですが楽しいです。

面接も近いですので、面接準備をしなければと思いつつ
本をむさぼる連休でございました。
最近読んだ本は何ですか?という質問には
困らずにすみそうです。てか、今頃そんな質問する会社あるのか。

本を読んでいると、
もやもやした余計な考えをしなくてすむので楽です。
助かります。一人遊びがうまくなってきましたね。エエ。
[PR]
by medichika | 2005-05-02 10:03 | 書籍

先日の二冊

先日、漫画を2冊買いましたのでその感想をば。

「ひなたの狼」(斎藤岬・2巻)

新選組のお話です。もう大河ドラマは終わってしまいましたが、
ここではまだ始まったばかりです(本誌はもう少し進んでいるでしょうけれども)。
大河ドラマとはまた違う彼らに出会えるので、面白いです。

この方も間の使い方が好きで、この方の漫画は全部持っていますね。
別シリーズの新刊が近々出るそうなので、楽しみです。

「ストレンジプラス」(美川べるの・4巻)

いやもう相変わらず面白いです。
この方の笑いのセンスは大好きです。王道といえば王道な気がしますが。
これでもかとたたみかけてくる感じがたまりません。
ゲームのアンソロジーで初めて拝見して以来、
ずっと大好きです。
[PR]
by medichika | 2005-03-31 16:43 | 書籍

宮部みゆき三昧

タイトルですので敬称略にしましたが、
先週末に宮部みゆきさんの本を三冊借りたので
只今読破中です。

「蒲生邸事件」
「人質カノン」
「模倣犯・上」

あるものを借りてきたので、
何だかバラバラですが。

宮部さんの作品というのは、
しっかりしたミステリーであるのに
心がほんわかしたり切なくなったりして
じんわりと響きますね。

蒲生邸事件は、タイムスリップという
にわかに信じがたい状況を取り入れながらも
物語に引き込まれまして、最後には泣きましたよ。

只今、模倣犯に挑戦中です。
映画にもなったというのに、今頃初体験です(爆)。
[PR]
by medichika | 2005-03-23 00:07 | 書籍

本日の一冊

「美女が野獣」(5巻・マツモトトモ)

大好きなマツモトトモさんの最新刊。
5巻が最終巻となりました。

マツモトトモさんは絵が私好みですし
間をとるのがお上手というか、シーンの描き方に独特のテンポがあって
”魅せ方”がお上手なので初めてのコミックスから
集めていて大好きです(ハ、ひとつ収集忘れていますが爆)。

ピアノの先生が出てくるお話の時、
漫画ですから音など聞こえてこないですのに
曲も聞いたことないですのに、
音のない音楽が聴こえてくるかのように
そのシーンに引きこまれたのを覚えています。

結末としてはわにちん(主役の男子)よかったなあ!と
終末に切なくなりながらもほんわか幸せになりました。
いい恋愛をしたいなあと思いましたデスよ。
[PR]
by medichika | 2005-03-13 01:10 | 書籍

陰陽師三昧

今日は出かけようかと思っていたのですが
昨日借りた本を読んでいたら出る気がなくなり
まったりとした一日となりました(爆)。

陰陽師は相変わらず面白かったです。
晴明と博雅のやりとりが相変わらず愛しくって
さくさくと三冊読み終わりました。

もともと一行の文字数が少なめの作品なので
同じ行でも目にする文字数が少ないというのも
ありますが、読みやすいのです。
あー楽しかった。


今回読んだ本はこちら。

「陰陽師 鳳凰ノ巻」
「陰陽師 太極ノ巻」
「陰陽師 龍笛ノ巻」

あったのを借りたので、発行順番は考慮せずに
読みました(爆)。
[PR]
by medichika | 2005-03-06 19:59 | 書籍

本日の二冊

「LOVELESS」(高河ゆん・5巻)

オマケつきの限定版がほしかったのですが、
私が行った本屋には通常版しかありませんでした。
ウエーン。

展開は暗くなってきているのですが、
好きな感じになってきていまして続きが楽しみです。

「女子妄想症候群(フェロモマニアシンドローム)」(イチハ・6巻)

相変わらずテンション高くて好きです。
主人公の女の子は出血多量で亡くならないのが
不思議なくらいいつも鼻血大放出です。
でもギャグだから大丈夫なのでしょう(爆)。

主人公のお父様が初登場なのですが、
メガネ君属性激高の私にはクリティカルヒット!!でした。
キャーア。
[PR]
by medichika | 2005-03-02 23:59 | 書籍