thank you for visiting!


by medichika

<   2006年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

はじめの一歩?

これも出会いと言っていいのかわかりませんが。

皆様はハニカミをご存知ですか?
テレビ番組の。私は結構あの番組好きなのです。

好きだからこうなった、というわけでもないのでしょうけれど。
ハニカミもどきを経験することになりそうです。

キューピー君との関係をいい加減卒業せぇよ、と見かねた友人が
機会を設けてくれました。最初はフツーに皆でご飯の予定だったのですが。
アレ?

男性を紹介してくださる方が
企画大好きな方でして。。

ということで、
ハニカミもどきデートが敢行される、予定です。
ワァ。

その人とうまくいくかどうかはさておき、
新しい一歩を踏み出すキッカケになればよいなと思っています。
楽しむことがまず大事かと。

それにあわせてではないのですけれども、
いい加減切りたかった髪も切りましたし可愛いワンピも買いましたし。
準備は万端です?

どんな人なんでしょうか。
楽しい時間を過ごせる人だといいなぁ。
[PR]
by medichika | 2006-05-31 12:52 | 日常

時同じくして?

キューピー君とはmixiでも繋がりがありますので
彼の日記を見ることは当然するのですが。

好きな人と泊まりで温泉に行ったというのはわかりました。
私が彼の家に行ったとき、二人で電話していたときも
温泉がどうとか言ってましたし。もうそこまでいったなら、
てっきりうまくいったものと思ったのですが。

何かとても辛いことを受け入れたような、
何かを失ったような。

そんな日記がありました。
うーん? うまくいったのではなかったのかな。
私に逐次報告が来るわけではないので、
全く状況もわかりません。

新しく一歩を踏み出すなら、
彼に状況を尋ねるのもどうかと思ったのですが。
傷つけられたからといって、相手が傷つくのを
見過ごしていいというわけでもなく。

とりあえず、
「温泉楽しかったみたいだね。
 なんだから、意味深な日記はあまりあげないようにね」
という感じのメッセージを送っておきました。
返事がいらない内容にしていたので、
今のところ特に返事はありません。

状況を知りたいという気持ちはありますが
知ったからといって何か変わるわけでもなく。

自分の周囲の人が傷ついているのは嫌だなと思いますので
彼も傷ついていなければいいなと思うくらいです。


それぞれ、新しくスタートする時期が来たのでしょうか?
彼と競争しますかね。
[PR]
by medichika | 2006-05-31 12:44 | 日常

きっと、そうきっと

もう大丈夫なはずなんだ。

もう立ち上がれるはずなんだ。
もう前に進めるはずなんだ。

私をさえぎるものなど何もない。
何も、誰も。

不安な気がするなら、
それはさえぎるものなど何もなく自由だから。

引き留めるものがあるとしたら自分。
変化を子供みたいに恐れる自分。

だからその一歩を踏み出して。
一歩を踏み出せば、立ち止まれなくなるから。

だから怖がらないで。
だから笑って。
[PR]
by medichika | 2006-05-27 22:00 | 日常

お願い、お願い、お願い

もう、私を楽にしてください。
あの人への思いから解放してください。

すでに好意ではなく、
おそらく執着なのです。

なので、本当に最後にしたいのです。
連絡先を消しました。控えも何もありません。

借りた本もゲームソフトも
きっと返せる機会はないでしょう。

よくないけれど、きっといいのです。
それで。
[PR]
by medichika | 2006-05-26 09:33 | 自分

結局

君が私をどうしたいのかなんて関係なくて。
君は私のことなどどうでもよくて。
いてもいなくても。

だから。
結局。

私が会いたかっただけ。
私が一緒にいたかっただけ。

ただ、
それだけ。

だから。
結局。

私が馬鹿なんだよね。
何度傷つけば諦められるんだい。


もう、そろそろいいだろう?
[PR]
by medichika | 2006-05-26 00:20 | 自分

1日目・夜

他愛ない会話をしていたら終電を過ぎていた。
君に指摘されるまで気づかなかった。

帰りたくなかったのか。
帰したくなかったのか。

わからないまま、隣同士で眠る。

抱きしめられたかったのか。
抱きしめたかったのか。

君の腕の中、手すら繋いで眠る。

部屋は暑くて、
寝ているのに汗をかいているのがわかる。それは君も同じ。
なのに、離れることは考えられずに。

唇は触れそうなくらい近くて。
触れないことが不自然なくらいで。
[PR]
by medichika | 2006-05-24 21:39 | 日常

1日目

電話してるからチャイム鳴らさないで入って。
そんなメールしてきたから。

君が好きな人と電話してるって。
好きな人からかかってきたって。
わかっちゃうじゃない。

シャワー入って寝るから。
そう電話を終えたとき、私は君の部屋にいて。
私の存在は隠されたまま。

ねえ、私たちは友達じゃなかったの。
ねえ、いつからそんなキレイに嘘をつけるようになったの。

君のキレイな感情は好きな人のもの。
君のキタナイ感情は私のものなの?
[PR]
by medichika | 2006-05-22 13:00 | 日常

秘密としか言えない

好きだと言われたら困るから。
そう告げた口が。


俺とキスしたかった?
そう囁いた。


その答えを聞いてどうするの。
優しくて意地悪な君。
[PR]
by medichika | 2006-05-18 13:17 | 日常

while (true)

ああぁあ~!!
またもや放置していました。。(汗)

そしてキューピー君との2度目の関係について書く前に、
キューピー君との関係パート2ダッシュみたいなことが起きましたし(爆)。

学習能力皆無です。。ハイ。
いつまでこのセリフを繰り返すんですかって。
無限ループを抜けるブレイクキーはどこにあるのかと。

壊れるまで永久ループ?
そんな耐久レースはいらないのに。
[PR]
by medichika | 2006-05-18 13:13 | 日常