thank you for visiting!


by medichika

<   2006年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

アクアタイムズが歌ってましたっけ。
本当ですよね。

私も、火曜日に練習があったのですが
その時の自分の踊りが今までになく最悪だったのです。
夏風邪の名残で鼻が詰まって息苦しいので
フリが飛んだり体が動かなかったり。

あと1ヶ月半もないのに。ショックというのもありましたし、
焦りもありましたし、悔しいだとか悲しいだとか
とにかく色んな気持ちがごちゃごちゃして
泣けてきました。

誰かに言いたい。

辛いと言えないのは息苦しいよりももっと息が詰まる。
思い浮かんだのはヤシ君でした。

だけど。迷惑じゃないんだろうか。
寝てしまえば気持ちも戻るんじゃないだろうか。

本文を書いたものの、送信しようとする手が止まります。
やめておこうとしました。

だけど。私は今まで好きな人に
辛い時は辛いと言ったことがあったんだろうか?
言っても迷惑、仕方ないと自己完結してなかっただろうか?

気持ちは伝えなきゃ伝わらないんだ。
何を考えているかなんて。

迷惑かどうか決めるのは私じゃない。
相手だ。

今の私に必要なのはきっと。
勇気だ。
[PR]
by medichika | 2006-08-23 22:14 | 日常

夏の終わり

日曜の練習の後、バーベキューをしました。

まず、チーム内メーリングリストでお誘いメール流した幹事が
深夜4時まで話していたときのメンツではありませんでした。
なので、その時のバーベキューなのかわからなかったのですが、
チーム内で同日に2箇所でバーベキューはないだろうと思い、のっかってみることに。
ヤシ君に行くかどうか聞くのはあからさますぎるので
来たらいいなぁと淡い期待をしつつ。

そして当日、練習が終わって少し話したときに
ヤシ君とウチ君もバーベキューに行くのがわかったので
参加して正解だったわけです。

誰かの家の庭で、とかではなく、
屋上を利用したバーベキューをしているお店があったので
それを知っていた今回の幹事が予約してくれまして。
ビアガーデン的要素もありつつの場所。

10人強参加者がおり、4人掛けテーブルが3つありまして
私は先に端のテーブルに座りました。
すると後から来たヤシ君が何と隣に座りました。
ワァ。

ウチ君が「お前あっち(私の隣ですね)行けば」みたいなことを
小声でしたがヤシ君に言っていたような気がします。
そしてヤシ君の前がウチ君。

思いがけない幸運。
練習のときは、ハムスターを始め色んな女の子と話していて
はらはらしていたのですが、努めて気にしないようにしていたのです。
焦ったらうまくいくものもうまくいかないと。

でも、こういうタイミングで隣というほうが
色々話せるに決まっています。

席替えしようかと言っていたメンバーが何人かいましたが
ウチ君が「俺、まだいいわ」とか言ったりしていたので
結局特に席替えはなく、ずっとヤシ君の隣で
ウチ君とかもう一人のコとか皆で話したり
二人で話したりしてました。

値段ほど食べても飲んでもいないですが
それ以上に値段のつけられない時間がありました。
ある意味かなりもとを取れた気がします。
アハハ。

帰ってきてから「楽しかったね」というメールをしたのですが
返事がなかったあたり、もう寝たのかなぁと思っていましたら
翌朝返事がありまして。その通りでした。

今年の夏はヤシ君と花火あり、バーベキューあり。
夏らしい思い出ができました。

これからももっと沢山の思い出ができますように。
[PR]
by medichika | 2006-08-21 10:32 | 日常

願いよ、届け?

あと一踊りで今日の練習は終了。
というときに、ヤシ君はやってきました。

神様にお願いは届いたのか。
届かなかったのか。わかりませんけれども。

ただ、話すことは残念ながら出来ませんでした。
でも、ちょこっと顔が見れただけでも嬉しかったです。

本当は、他の女子メンバーが彼と話しているのを見て
いいなぁという気持ちとか
どこか焦る気持ちとかごちゃごちゃしていて、
会えて嬉しいという気持ちが
かき消えそうにもなりましたが。

それでも。
顔が見れてよかったです。
ウン。

あと1ヶ月半しか練習がないですので
踊りのこともヤシ君のことも悔いがないようにしたいです。
[PR]
by medichika | 2006-08-18 12:49 | 日常
お盆も終わって練習も今日、木曜から開始なので
ヤシ君に昨日の夜メールしてみました。
残暑見舞いということで。

私は水曜日まで休みで、
ヤシ君もそうだったはずと思ってメールを書いたら
今日から仕事だったよ、とやんわり訂正されました。んきゃ。
眠くてもうろうとした頭が間違って覚えたのかもしれないですね(汗)。

まあそんな感じで。

ヤシ君の仕事が早く終わって練習来れたらいいね、
medichikaも明日から仕事と踊り頑張れよ、みたいな感じで終わりました。
冗談で「早く終わるよう祈っておくヨ」と言ってみましたが
今日会えるでしょうか??

練習来れたらいいねの裏には
会えたらいいねというのもあるわけですが…。
さすがに書けません!(涙)

お祈りの効果は如何に??
[PR]
by medichika | 2006-08-17 16:18 | 日常
モーニングコールをすることになりました、とは書きましたが
その結果に触れてないことに気づきました(爆)。

エエ、アッサリとしたものなのですけれど。

7時と約束したので、遅れちゃ駄目だと思っていたせいでしょうか。
目覚ましより30分も早く目が覚めましたヨ…。
おかげ様で約束の時間に電話できたのですけれども。

5コールは鳴らさなかったくらいでヤシ君が取りまして。

「おはよ~。起きてた?」
「今起きた。ありがとね」
「いえいえ、じゃあね」

みたいな。

も、もう少し話したかったのですけれどね(汗)。
寝起きで頭が回転していない時に話させるというのもどうかと思って
これでよかったと思ってますが。

しかし、名残惜しかったのと、
二度寝してないだろうかという余計なお世話とあって
しばらくしてメールしておきました。
二度寝してないかい? と(そのまんまじゃないですか)。

すると、お返事がありまして。やっと活動を開始したそうで。
確かに睡眠時間かーなり少ないですからね、お互い。
お互い、頑張ろうね。そんな感じでやりとりを終えました。

また機会があれば目覚まし係するよ、なんて付け加えてみましたが
次の機会はいつなんでしょうね。

あったらいいなぁ。
[PR]
by medichika | 2006-08-17 16:10 | 日常

スタートライン

そういえば、ヤシ君がどういう人なのか、
どういう流れで気になりだしたとか全く書いてませんでしたね(汗)。
申し訳ないです。

ということで、
そのあたりを今更ですが(爆)。
ご紹介します。

ヤシ君と出会ったのは今年の2月。
5月に行われた踊りに参加するべく、集まった踊りチームのメンバーの1人。
5月の祭りが終わるまで、ほとんど話したことはなかったと思います。
挨拶くらいはしたと思いますが、
記憶に残るまでのものはありません。
連絡先など、知るわけもなく。

彼が印象に残りだしたのは。10月にある祭り、只今絶賛練習中ですが、
それに参加するための説明会の日からです。
6月中旬だったかと。

まだ続きます
[PR]
by medichika | 2006-08-12 12:14 | 日常

名前

気になる人、というのは長いので。
名前をつけてみましょう。

■ヤシ君 私の気になる人ですね。

■ウチ君 ヤシ君と仲の良いお友達。

この二人は男子同士の仲良しさ、というのが
前面に出ている羨ましい関係です。
見ていて微笑ましいですね。
[PR]
by medichika | 2006-08-11 19:44 | 日常

君への初めての電話

そして。昨日のお話です。
チームのスタッフと私とで打ち合わせがあったので、
練習が終わった後、ご飯がてら話そうということで
スタッフと一緒におりましたら、
私の気になる人とお友達も別のスタッフに用事があったらしく
ご飯を一緒に食べようと誘ったみたいで
一緒にご飯することに。

最初は席はひとつ離れて座っていたのですが
煙草の煙が駄目な女性がいたので、煙草組は端っこへ。
煙草を吸わない彼は、私の隣へ。
これはすごく嬉しかったのですけれど。

ただ、彼は彼女と最近別れたらしく、
周囲が彼に彼女を作ろう作戦を目論んでいるようでして
紹介が予定されてたり、スタッフの一人の女の子と
付き合えばいいじゃんと周囲が悪ノリ。
そのためだけにバーベキューを皆でやろうと言い出す始末。

私の思いはまだ誰にも秘密なので
笑って過ごすしかなく。

当の本人達は否定も肯定もせずに
状況がよくわからない顔をしてたり、苦笑いしてたり。

そんなこんなで4時くらいまで話してまして。
いい加減、皆眠いです。私も金曜は仕事もあって
明日起きるのが相当きついと思われました。

彼が「明日起きれるか自信ない~!」と言っているので
たまたま起きる時間が同じくらいだったので
「私は目覚めがいいから起こそうか?」と
言ってみました。

すると「お願いしていい?」と言われ。
金曜の朝、モーニングコールすることに。

この時点ではホンキなのかいまいちわからなかったのですが
別れ際に「medichika、明日はお願いね」と言っていたので
ああこれは本当に電話していいんだと思って
ちょっと浮かれてしまいましたね。

複雑でしたが楽しくて長い夜でした。
[PR]
by medichika | 2006-08-11 18:28 | 日常

君と見る花火

先週の日曜日。
踊りの練習が終わった後。

メンバー何人かが花火大会に行くという話をしていて
その中に私の気になる人もいまして。

私も花火自体も見たかったので
急遽混ぜてもらいました。

その人はバイクなので、
メンバーのコの車に同乗させてもらった私は
別々に会場に向かったわけです。

車組は無事に到着して
すでに始まっていた花火を見ていたのですが
バイク組の彼等がやってきません。

会場近くに到着していたようなのですが
私たちがどこにいるかわからなかったようで。

メンバーの一人と電話でずっと話しているのですが
なかなか場所が伝わらず。
電話していた男性がとうとう迎えに出ることに。

花火がいつまでするのかわからず。
彼が来るまでに終わったらどうしよう。
一緒に見たいのに。

花火を見上げながら、
ずっとはらはらしていました。

だけど。
ようやく彼らが到着。

座ってみているメンバーは私より前方にいたので
立って見ていた私たちの側に来て
一緒に見ることに。

きれいだね。
彼の隣でそう言えたのは嬉しかったです。

今年一番最初の花火大会。
君と見られて嬉しかったな。
[PR]
by medichika | 2006-08-10 12:57 | 日常