thank you for visiting!


by medichika

<   2007年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

「入りません! ひとりで入ってください!」
「いいじゃん~、お風呂一緒に入るくらい」

それが大問題なんじゃ、ボケー!
ヤっちゃうより、ある意味タチ悪いわー!(個人的見解)

「えー、一緒に入ろうよ」
「い・や・で・す!」

なかなか引き下がらない先輩に断固拒否する私。
今度は私に軍配があがりました。
お風呂ぐらいいいじゃん。ぶつぶつ言いつつも、
おとなしくひとりで浴室へ向かいます。
そもそも、ビジネスホテルのユニットバスは
広くはないのでふたりで入るなんて
チャレンジ精神旺盛過ぎです。

先輩があがってきたので、次は私の番です。
覗きにくるほど変態ではなかったようです(当たり前)。
無事にシャワーを浴び終えて戻ってきました。
先輩はテレビ観賞中です。

「こっちに来たらいいじゃん」
備え付けの椅子に腰かけて先輩に近寄ろうとしない私に、
先輩が途方にくれたような笑みを浮かべて言います。

「嫌です」

近寄ったら絶対、ちょっかいを出される。
それがわかっているのに、近寄れるわけないですよ。
しばらくふたりでテレビを見ていましたが、眠気が襲ってきます。
ですが、一緒にベッドに入るわけにもいきません。

「じゃあ、私、床で寝ます」

ホテルに来るまでに、
私は床で寝ますからと宣言していたのですが
先輩は本気にしてなかったらしく、
枕を本当に床を置いて私が横になったものですから
慌てて声をかけてきます。

「medichikaが床で寝ることない、俺が寝るよ」
俺が誘ったんだから。

私はこの部屋は先輩が取ったのですから
先輩が床に寝ることはないですと反論しましたが、
私にさせるくらいなら自分が寝ると譲りません。

一緒に寝ればいいのに。何もしないのに。
それはできないです。

私はベッド、先輩は床。しばらく横になっていました。
記憶が曖昧になってきているので断言はできないのですが、
先輩が言い出してきたと思います。手を繋ぐくらいいいだろうと。
多少は先輩の言うことも受け入れたほうがいいかと、
自分の手を出してそのままにしておきました。
何かを伝えるかのように、強く弱く握りなおしてきます。

私は弱かったです。その状況を維持できませんでした。
やっぱり、先輩が床で寝るのはおかしい。
駄目だ。


「何もしないなら、あがってきていいですよ」


ちょっと間があいて、小さく返ってきたのは「うん」という答え。
繋いだ手にぎゅっと力がこもりました。

(いよいよ雰囲気がアヤシくなってきましたが、続く!)
[PR]
by medichika | 2007-06-27 13:06 | 日常
「泊まりません! 帰ります!」
「え~」

え~、じゃない!

「帰ったら俺が寂しくなるやん」
「知りません!」

medichikaが帰ったら、俺の寂しさ度があがるじゃん。
知るかー! 勝手に限界突破しろ!

と言えたらどれだけいいか。
そのやりとりの繰り返し。嗚呼、どこかで見た光景。

「ホテルまで見送りますよ、それで多少は和らぐでしょう」
結局折れてしまう私。
しかし、見送りだけでは不服らしくゴネつづけます。
後輩にゴネる先輩ってどうなの。
ふー。


「わかりましたよ。泊まればいいんでしょう、泊まれば」


イッチマッター。

嗚呼、繰り返すまいと思っていたのに。
泊まるだけ、泊まるだけ。タクシー代が浮くと思って。
床にでも寝ればいいのだ、私が。

そんなやりとりをしているうちに、ホテルに到着です。
部屋はシングルだと思っていたので、
私まで堂々と鍵の受け取りに立ち会うのはどうだろうと思い、
エレベーターあたりでうろうろしていました。
シングルの部屋にふたりで泊まったら罰金とか取られそうです。
って、隠れておけばいいという問題でもないですが。

「何してるの」

鍵を受け取った先輩に声をかけられました。
おっと、こっちのエレベーターではないのですね。
こちらは別館でしたか。すみませんー。

私がうろうろしていた理由を言うと、
同料金だからダブルの部屋を取ってあるとのお答えが。
広いほうがいいからということでした。ということは、
私が一緒にいても別に問題なかったわけで。
こそこそする必要がないとわかり、一安心であります。

「medichika、何かいる~?」

部屋に到着早々、先輩が聞いてきます。
今夜はこの場にいる予定じゃなかったんだけどなあ。
お酒をたしなんでいたので、お茶を希望します。
「お酒は?」という問いは大却下です。

帰ってきた先輩は私の分のお茶と
自分のアイスを携えていました。アイス、好きなんですね。
もう外に出ることはないと決めたのか、
先輩はスーツだのシャツだのを脱ぎだして下着姿に変身です。
あの、浴衣着てほしいです。内心懇願。
でも敢えて無視です。放置プレイです。

私はテレビをつけてぼんやり見ていましたが、
先輩がシャワーに入ると言い出します。どうぞどうぞ。ご自由に。


「medichikaも一緒に入ろうよ~」


はぁ!?

(毎度似たような終わり方になっていますが、続く!)
[PR]
by medichika | 2007-06-26 16:42 | 日常
「遊ばないですよ! 早く帰りましょう」
「えー、せっかくmedichikaに会ったのに」

このまま帰るなんて寂しいじゃん。
知りませんよ、そんなこと!
遊ぼう、遊びませんで押し問答みたいになっていまして、
私も根負けしてきて「じゃあ、ご飯食べにいきましょう」と提案しました。
もう20時は回っています。私は夕方におやつを食べていましたが
ご飯くらいなら付き合ってもいいかなと思ったのです。

「俺とmedichikaで何か起きたらどうするの」
「無いですよ!」

というか、あなたが何も言い出さなければ何もないんです!
むきー!

会社が入っているビルにある社員御用達(?)の居酒屋を提案すると
「ふたりだけで行って怪しまれそうだから」とゴネてきます。
そんな心配するならそんな遊ぼうだの寂しいだの
言わないでくださいヨ!

結局、会社から離れた居酒屋を目指すことに。
そうゆうことをするほうが余程アヤシイ気がしますよ。ふう。
翌日は飲み会でしたので、
今夜は飲みじゃなくてご飯ですよと念押しを忘れません。
すると先輩、ちゃんと始めからご飯ものを頼みます。
お酒も頼みましたけれど(爆)。

こんな感じで始まった食事でしたけれど、
食事中は割と真面目というか仕事のことや会社の話もぽつぽつしてました。
先輩なので、話を聞いてもらえるというのは
やはりどこかありがたいのです。
先輩の場合、それは間違ってるだの、解決策だけ言ってくるとかではなく
ちゃんと聞いてくれるのです。その上で答えてくれます。

だから完全に嫌いになれないんですよ、バカ。

そんな感じで話していたら、終バスのギリギリな時間に。
そんな時間なのに熱いお茶とかもらったりして、終バスを逃すこと大決定。
嗚呼、タクシーで帰らなければ。


「俺のとこに泊まっていけばいいじゃん」


そして朝帰ればいいじゃん。
まだ言うかー! 私は帰るんですよ!

(短編小説みたいなノリになってきてますが、続く!)
[PR]
by medichika | 2007-06-22 17:31 | 日常
6月の上旬に、その先輩が私のいる部署に仕事のことで来ました。
週末には会社の歓迎会もありましたので、2日間こちらに滞在する予定で。
私の部署と先輩の配属先を移動するには
片道4、5時間くらいかかるので先輩はホテルに泊まることになります。

まさかねえ。

そんな思いもありましたが、
仕事が終わる時間が一緒とも限らないので
まあ何事もなく過ぎ去るだろうと
思っていました。

確かに、日中は打ち合わせ等フツーに
お仕事しておりました。

しかし。
ある意味最後の砦だったタイガー君は定時を過ぎると速攻帰りました。
ぎゃー、君がいたらみんなで飲みに持ち込めたかもしれないのに。

しかし。
新人君のひとりがソフトのインストールに時間がかかっていました。
よし、君がいるまでに先輩が帰ったらいいのだ。
私は仕事をもくもく続行。

しかし。
その新人君が無事に作業が終わり帰ってしまったのです。
先輩はまだ帰っていません。


嗚呼、ふたりきりになってしまっている。


私はもう帰れる状況だったのですが、
施錠をいつもはここにいない先輩にお願いするのは
後輩としては心苦しいわけで。
それに、先輩の滞在時間にも限りがあるので、
やり残しとかが発生しても困るのです。

「何時くらいまでする予定ですか? 私そろそろ帰りたいです」
なので、お伺いをたててみました。
俺も帰りたいけど”なぞなぞ”が解けない。という答え。
何ですか、それわ。

私共、技術屋ですので設計だのロジックだのを考えるのも
お仕事なのであります。
ある機能をどうやったら実現できるだろうかということを
考えていたらしいです。

うーん、わかりました。お付き合いしましょう。
人に話しているとまとまることってありますもんね。
私も無責任にこうしたらどうですか、などと言っていたら
先輩が「できるような気がしてきた」と言い出しました。
どうやら何かヒラメきがあったようです。
先輩は脳内でそのひらめきを検証していたりして、
何か書き留めたりしていました。
よかったよかった、後輩としても一安心。
ふー、これで帰れるぞ。


「medichika、これから何して遊ぶ?」


って、何を言い出すんですか。
この先輩は。

(しつこく詳しく書きすぎたので、続く!)
[PR]
by medichika | 2007-06-22 12:40 | 日常
確かウラココロ(裏ブログ的)に書いていたよねと
確認しましたら、2年前のことでした。ワオ。


そんな2年前の出来事が再度襲来!!


裏をご覧になってない方が
いらっしゃるかもしれないのでおさらいです。

私の会社に4つ年上である男性の先輩がいます。
既婚です。子供もいらっしゃいます。
配属先が違うので、普段は滅多に会いません。
歓迎会や忘年会くらいです。

その人と一緒に向かった出張で、酔ったスキをつかれて
ちょっかいを出されたのが2年前のこと。
エエ、いたしております。
ぐは。

しかし、本当にそれっきり何もなくて
(電話で私用のやりとりがあったとかも全くないです)
タイガー君やキューピー君やその他の方々との
恋愛でごたごたしていたわけです。
ほんのつい最近まで。

嵐の前兆と言えるようなことがったのは
ゴールデンウィーク前にあった新人歓迎会でした。

仲のいい同期の女性社員と久々に会えたのが嬉しくて
二次会はその人ともう一人女性社員とでお茶しましょーということで、
(あ、どちらもハムスターではありません)
オサレめなお店で空席待ちをしておりました。

すると鳴る電話。その先輩です。

ほどよく酔ってご機嫌なまま電話を取りましたところ、
何してるの?みたいなことを聞かれた気がします。
結構前の話なので曖昧ですが(爆)。

お茶しにきてますよ、みたいなことを言ったら
「じゃあいい。何でもない」と早々に電話を切ろうとしていました。

ここで「何ですか、話してくださいよー!」と食い下がったら
ウサギ様が最初に私に電話してきた時みたいだ、と
ぼんやり思いつつ、「あ、そうですか。じゃあ~」と応じました。
ワタシ、そこで食い下がるほど優しくはないですヨ。

「また(先輩が住んでいる地域)へ遊びにおいでね」
すると、先輩はそう残して電話を切りました。

うぉい。
そっちに行くのは仕事絡みでしかないから
そっちで仕事がない限り、
遊びに行くというか行く機会なんてないyo!

私がひとりで帰ってる途中だったら
遊ぼうとか言うつもりだったのか。
うーん。

って、付き合いのいいハムスターは誘わなかったのか??
それともフラれたからこっちに連絡したんですか?

などと、もやもや考えましたけれど、
まあ、私の女っぷりがあがったってことよネ!とか
都合のいいように妄想しておくことにしました。
まさかまたちょっかい出されるなんてね、と
思っていたのです。


この時は。
(長くなりそうですので、続く!)
[PR]
by medichika | 2007-06-21 14:35 | 日常
本当に好きになる前に強制終了した感じです。

そのこととは別に
個人的に衝撃的な出来事があり、ビオラのレッスンもオケも
ぶっちぎるようにして唐突に休会、休団しました。
なので、今後その場に復活することは
おそらくないと思います…。

ですが、自分には音楽への情熱が
そんなになかったのかもしれないと今は思います。
どこか無理していたのかもしれません。

自分の中では苦い思い出です。
とほ。
[PR]
by medichika | 2007-06-21 14:02 | 自分

忘却の果てに?

お、覚えてくださっている方が
どれだけいらっしゃるかわかりませんが、
久々の更新でございます…(爆)。
皆さん、お元気でしょうか。

れ、恋愛ネタがないとですね、更新が滞るといいますか。
ごほー。

ちょこっと貯金ができましたので
そのあたりをちょこちょこ小出しにしていこうかと思ってます。

よろしくお願いします。
[PR]
by medichika | 2007-06-21 11:38 | 自分