thank you for visiting!


by medichika

<   2008年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

涙もろい。

こんばんは。プータロー生活突入のmedichikaです。
Oh,Yeah!

よさこいのメインイベントが終わる11月末くらいまでは
アルバイターでもいいかな!?

いいとも!(自分で言うな)


おもむろに閑話休題。

ここ最近、涙もろいです。
困ったものです。

今日はCDTVの特番がありましたので
わかる曲は一緒に口ずさんだりしていたのですが。
バラードとかでボロ泣き。
コラー。

Every Little Thingの「fragile」とか、
もーネ! ヤバイ!です。

ああ、こう思えばよかったと。
ああ、私はそう思っていたはずなのにと。

いつから外れていたのだろう?

悲劇のヒロインぶっているのかしらとクールに考えてみましたが
泣きたいときは泣けばいいかとどっぷりハマって涙を流しておりました。

彼のこと、まだまだ大好きのようです。
ヨシヨシ。好きなら好きでいいんだよ、ウン。
と、言い聞かせてみます。

縁があるならまた一緒にいることになるだろうし
別の人と縁があるならそうはならないだろうし。

ただ、ひとつだけ言えるのは。

次のダーリンは、めっちゃくちゃ大事にするんだー!
いいところも悪いところもひっくるめてのダーリンだから
まるごと愛するんだー!

うりゃ。
[PR]
by medichika | 2008-09-25 00:41 | 日常

境目

偶然だと思いますが、
2日連続で彼の夢を見てからの彼を見る率があがっているという謎です。

日曜日、火曜日。
まあ、両方とも練習でですけれど。1日置きかーい。

火曜日は彼以外にもサポートメンバーの女の子が来ていて
彼と二人で楽しそうに話しているのが聞こえると
若干ダメージを受けまして。
そのダメージを受けていることにさらなる追加ダメージあり。
ぬぬぬ、修行が足りない…。

そして、昨日は彼の誕生日でした。
夕方になって急遽、チームの中の班で地元の祭りに行かないかと
お声がかかったので、行ってきました。
一人でいるともやもやするのではないかと思いまして。
雨もそれなりに降る中、思い切って出かけました。

彼も同じ班なのですが、彼は来ませんでした。
誕生日でしたから約束があったのか、バイトだったのか。
そこでも多少ダメージ。

あああ、もう。

彼が来ないと思ったから来たんでしょーが。
思ったとおりの結果になぜにダメージを受ける。
会ったら会ったでダメージを受けるだろうに。

割と落ち着いていると思っていましたが、
まだまだだなと痛感する今日この頃です。

彼の顔を見ることが続いたのでストレスになったのか
多少センシティブになっているようです。

今までは別れたらほぼ絶縁状態になっていたので(それもどうか)、
顔をあわしながらも乗り越えていく修行中です。
ふぃー。
[PR]
by medichika | 2008-09-18 11:18 | 日常

9月17日付「Happy Birthday」

誕生日おめでとう。
君に出会えたことは私にとって最大級の幸せです。
君のことが大好きです。
これからの1年、沢山の幸せが君とともに
ありますように。


出したかったけど、出さなかった。
自分に賭けをしたんだ。半年は自分から連絡しないって。
チームで顔をあわすことはあっても、
話しかけたりしないって。

その賭けが無効となる唯一のときは
君からの連絡があったときだけ。

だから今はここに書いておくよ。
決して届くことのないこの場所に。

そして、いつか届けられるように。
[PR]
by medichika | 2008-09-18 10:50 | 日常

その指、その首

物に罪があるわけではないから。

私の指には彼とのペアリングがはまったまま。
私の首には彼からもらったネックレスがかかったまま。

君の指には。
君の首には。

ちゃんと見なかったけど、きっと何もなかったね。
それが普通かもしれないね。

君は気づいただろうか。
私の首や指にある輝きはあのときのままだと。
君はどう思っただろうか。
私の気持ちがあのときから止まったままだとでも?

物に罪があるわけではないから。

私は気に入ったデザインをペアリングにしたし、
自分で買う気でいたくらいのものを君に買ってもらった。

私の指には。
私の首には。

これからも輝きが宿り続けるだろう。
[PR]
by medichika | 2008-09-14 23:16 | 日常

夢も現も

元ダーリン(そろそろこの言い方もどうなのでしょう)が2夜連続で出てきました。
朝から気分が悪く、なるわけでもありません。
何とも不思議な感覚です。

1日目は彼と話をしながら歩いていて
「まだ付き合ってないんだけどなあ、近いなあ」と
思っているシーンを覚えています。

2日目はある通りでよさこいチームのメンバーの一人に
何やら相談しているときに彼がやってきて、
彼が何かを言うので口をふさぐためにチューをしました。
一緒にいるメンバーには
直前に「ごめんね」みたいな断りを入れていた、気がします。
いきなりラブシーン(?)を見せつけるのですから謝りますよね、それは。
しかし、この夢では付き合っている感覚のようでした。


夢が進んでる!!


そんな夢を続けてみた2日目、
現実の彼に顔を合わせました。

自主練習中にメンバーの子に踊りについて質問されたので
そのことを教えている時に、ふと部屋の入り口のほうへ視線をくるんと向けたら。

ばちん。
漫画なら音が聞こえてきそうなくらい、思いっきり彼と目があいました。

「おお!」

うおう。いつの間に来ていたのだ。
目が丸くなったのが自分でもわかるよ。
しかし、ここまで目があっておいて無視するのはオカシイ。
アハハハハ。

「お疲れ、様です」
思わず、礼までしちゃいました。ヘンな顔になったら嫌でしたし。
でもアッサリとしていたとは思います。

彼は笑顔で挨拶を返してきました。
んー、とっても平気そう。ウフ。

その後も、自主練習の間は
私やメンバーの会話にカルーク入ってきていました。
まあ、友達に戻るって言ったものねえ。

練習後は、あるメンバーからのお土産をもらいにいくと
彼が先に来ていたので、彼の隣に立ったままお土産をもらうことに。

「medichika、ドライブ動いた?」

彼がチームで通っているあだ名で私を呼んできました。
その声にその名前で呼ばれたの、久しぶりだなあ。
本当に、平気になっちゃったんだなあ。

別れを告げられる当日、その言葉を聞く前に一緒に買いに行った私のパソコンは
CDドライブが内蔵されていなかったので、外付けDVD-RWドライブを
譲って(タダではありませんでしたが。あ、まだお金渡してない)くれたのです。
そのことについて聞かれたのでした。

「うん、動いたよ」

私が答えたのはそれだけでした。
その後は私がお土産をくれたメンバーにお礼を言いにいったりしたので
そこで会話は終了しました。
にこやかに答えたつもりだったけど、
ちゃんと笑えていたかな。

揺り返しのほどには強くないけど、
すっかり普通な彼の態度に少し寂しさを感じたり、
普通にするのにまだちょっと頑張っている自分に少し切なさを感じたり。

それでも、ゆらゆらしている気持ちも
引力に逆らえないかのようにいつかは止まるのだろう。
穏やかさの中に。
[PR]
by medichika | 2008-09-14 23:15 | 日常
元ダーリンに別れを告げられてから、1週間。
もうずい分昔のことのようです。

只今、退職前の有給消化週間なのですけれど
仕事にも行かずによくてのんびりしていられる生活というのが
今の私を優しく包んでくれているようです。

元ダーリンを思って涙することは
少なくなりました。

ささやかな口実に連絡したくなるといいますか、
連絡したほうがいいのかなと思う時もありますが
「まあ、私がわざわざ言うほどでもないし」と
以前の私みたいな、感情の揺れをそのままぶつけるという
相手を疲れさせる衝動には襲われません。

1週間にしてはだいぶ穏やかな心境なのではないでしょうか。
今は元ダーリンと一緒にいられた時間を
楽しかったと思うし、幸せだったと思います。
そして、ありがとう、と。


自分の愛情センサーが鈍くなっていたり
関係が駄目になることを恐れて無理に前向きだったり
そのあまり、彼が落ち込んだ時を受け入れられてなかったり
まあそれは駄目になるわよねと。

私は楽しさばかり追求して、
一緒にいることの安らぎだとか満たされる気持ちだとか
二の次にしてたのだろう。

キューピー君とのときも、
「私と一緒にいると楽しいけど安らげない」
そう言われたというのに。

ああ、また同じことしちゃったんだ。

私と一緒にいて楽しかったけど。
拒否したくなる状況まで彼を追い込んだ。

もし、彼と出会いなおしてまた縁があったなら。
もし、新しい誰かと出会って縁があったなら。

楽しいのも幸せなのも
必要だけど。

私が私でいられて
彼が彼でいられる。

そんな関係を築きたい。
いや、築くのだ。
[PR]
by medichika | 2008-09-06 02:32 | 日常
8月末、ダーリンからふられました。
友達に戻れないかな。

私は「わかった」しか言うことができなくて。
ひとり残された。
[PR]
by medichika | 2008-09-02 23:46 | 日常